2011年03月29日

小さな太陽

もう、20年以上前に描かれた山岸涼子さんの漫画「パエトーン」。
無料公開中です。
http://usio.feliseed.net/paetone/_SWF_Window.html
原発について描かれています。

「現時点では安全」「影響は無い」。
同じ人が同じことを説明してくれていますが・・・・。
当時「安全」と言われていて後から「実は危険」とされたものってたくさんあります。
東電だけが表に立っている印象ですが、国として国民の生命を守る為にもっとリーダーシップをとってやって欲しいと思わずにはいられません。
やってない事は無いのでしょうが・・(と思いたいけれど)
ニュースからは責任の押し付け合いをしている印象しかないのですが。

原発作業員を日当40万円で募集、という記事もありました。(東京新聞)

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011032990065850.html

私は労災患者さんに接する機会も多かったのですが大体が関連会社の社員でした。
危険な作業を請け負っているのは大企業の下請け。
会社は何とか労災をもみ消そうとする。
やりきれない思い、怒りでどうしようもない気持ちになったことも多々あります。
身内もそういう目にあったので。
今回の原発での被曝事故もそういった「協力会社」の作業員の方でした。
どこもそうなんだな・・。
「責任者出て来い」といってもどうしようもない事はわかるけれど・・・。
責任者って誰?
いつもテレビで会見してる人?・・・ではなさそうな気がするのだけど。
自分でも何が言いたくてこうしてブログに書いているのかわからなくなっています。

うちでは普通に水道水も使っていて飲用しています。
昨日はスーパーで茨城産の大粒イチゴが格安で売られていました。
「早い者勝ち」の札付きでしたが誰も買ってませんでした。
今朝、そのイチゴを食べました。
甘くてとても美味しかったです。
私はある程度年齢も行ってますし、妊娠もしていない、小さな子供もいませんので今までとほぼ変わらない生活を送っていますが、そうでなければ正直冷静でいられる自信はありません。
スーパーに行く途中、リアルで初めて「疎開」という言葉を耳にしました。
女性二人の会話が耳に飛び込んできたのですが小さな子供を九州に疎開させた、といった感じの話のようでした。
先日は高速道路上り線でトイレットペーパーを満載した関東ナンバーの車を見かけました。
西の方に買出しに行ったのかな・・といった雰囲気でした。
テレビのCMでも「必要じゃないものは買わない」とか言ってますが「必要」と思うから買わずにはいられないのでしょう。
故人の家の片づけを未だにしていますが「何でこんなに・・・・」と思うほどモノが溜め込んであったりします。
戦争の苦しい時を経験したから持ってないと不安、というのもあったのかもしれませんし、生前周囲の者が整理しようとしても絶対に触らせてくれなかったりしたこともあったようです。
あるところに「我唯足知(我、唯足るを知る)」の額が飾ってあってとても心に残っていたのですが今まで以上にその言葉が重みを持って迫ってきているのを感じます。

本当に何を言わんとして公開記事を書いているのか・・・。
いつも以上に訳わからなくてスミマセン。
わざわざ読みに来てくださった方には申し訳ない。

とりあえず「パエトーン」ご一読下さい。
posted by Cちゃん at 12:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。