2011年02月21日

地デジ化の片隅で

結婚や引越しをきっかけに家電や家具を一式買い揃えたり買い換えたりする人が多いのでしょうか。
私は結婚する時はお互いに持っているものでとりあえずの新生活を始めました。
おそらく転勤続きになるだろうと言う予想の元「落ち着いてから気に入ったものを・・」と考えていたのですが結局今の地に10年ほど落ち着いています。
途中引っ越しましたが割と愛着もあって不自由が無かったので特に必要なもの以外は買い換えることもなく新居に移りました。
テレビも昔の(おそらく昭和か平成の初め頃)小さなもので「BSって何?」という古い物。
暢気に暮らしていたのですがある日N*Kの人がやってきて「受信料を払え」と。
口座引き落としできちんと払っていたのですが、「衛星放送の分も払え」と言う事でした。
受信できないのに払うのか、と尋ねたら「このマンションにはBSアンテナがあるので払え」との一点張り。全く見れないものを払えといわれても納得いかなかったし何より「BSが映らないテレビを見ている」と言う事を信じてもらえなかったのが不愉快でした。
このときかなりの暴言とも言える失礼な事も言われたよ。もうやだ〜(悲しい顔)
結局私も半ばキレ気味だったと思うのですが「テレビお見せしましょうか?」と言ったら「いいです」という事で帰っていかれましたが部屋に上がりこまれても困ったかも・・・と後で反省しました。
この後も違う人に数回訪問されましたがみなさん感情を逆上させるような物言いがお上手で「訪問の人とは絶対に契約変更しない」と言う決意が固まっただけでした。
PCにチューナーもついてないし携帯もワンセグとかないし。
当時の私は携帯を持ってなくて「携帯持ってない」事も相当疑われました。
ちなみに我が家ではいまだにPC98が現役で活躍しています。
地デジ化が推進されていますがこのまま地デジにしなかったら自動引き落としの受信料、どうなるんだろう。
勝手に・・いや自動的に契約変更されて引き落とされるのか、解約という形になるのか・・・地上波のまま引き落としされ続けるのか。
テレビも見たい番組がほとんどないしな〜。
あの時即解約していた方が良かったかも。
それにしてもあのムカつく話術。
マニュアルでもあるのか?
最近は接してないのでわからないけれど。
posted by Cちゃん at 12:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。