2011年02月25日

CD?

NZ地震の報道。
見ていてひどいな〜、と感じる。
災害ではなく報道陣のほうに。
昨日一番嫌だったのは「72時間」を強調、カウントダウンをしているように見えたこと。
確かに生存率に関してそういうデーターはあるだろう。
だけど救助隊の人に向かって「生存者はいないと思われますが・・」とか、救助された学生さんに対しても人としての感覚を疑ってしまうようなインタビューをしていてビックリしました。
あの人たち、何しに行ってるんだろう。
一つの局から何人行ってるんだ?と思うくらいのリポーターの報告。
どの局が・・・ていうかどの番組見ててもexclamation&questionという感じ。
テレビを見ていると1番組ごとにリポーターを送り出してるような感じもします。
災害があったところに大勢で押しかける神経がワカラン。
病気で入院してる時、辛い所を見に来るかのようにこちらが遠慮してもわざわざやってくる人っているけれど、あんな感じがする。
悪気がない(多分だけど)であろうことが本当に困る。
最近はすっかり「ハイパー」といえば「レスキュー」よりも「メディアクリエイター」のほうが浮かんでくるようになってくるほどになってしまった私ですが今回のNZ地震報道は何か間違っているのでは・・・と思わずにはいられません。

働いていた時、質問のレベルでその人のレベルがわかる、と言われ続けてきましたが・・・。
今回のことに限らなくても変なインタビュー多すぎじゃない?
これ以上日本の恥をさらさないで欲しい。
まともなインタビューできる人、いないのか?
posted by Cちゃん at 14:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。